HOME > 利用規約

Japanest NIPPON 利用規約

第1条(規約の適用)

1 本利用規約は、株式会社ゼニス(以下「ゼニス」といいます。)が本ウェブサイト上で運営する「Japanest NIPPON」(以下「本サービス」といいます。)の利用について、第3条第1項に定める個人会員及び同条第2項に定める法人会員(以下、個人会員と法人会員を合わせて「会員」といいます。)及びサイトを閲覧した全ての閲覧者(以下「閲覧者」)に適用されます。

2 会員及び閲覧者は、本利用規約に従って本サービスを利用できるものとし、本サービスを利用することによって本利用規約の全ての条項に同意したものとみなされます。

第2条(本サービスの内容)

ゼニスは、本サービスとして、日本のトップレベルの学問水準と技術を有する学術研究機関を日本国外の学生・研究者に紹介し、前記学術機関と内外の企業との産学連携を推進し、又は前記学術機関及び日本の優良企業の研究開発した商品を紹介するため、会員に対して当該会員の情報を投稿する機能、法人会員と個人会員との間又は法人会員間のメールの送受信の機能、及び他会員が開示した情報を閲覧する機能を提供します。ただし、ゼニスは、本サービスの内容を会員及び閲覧者に予告なく変更、全部又は一部の利用停止若しくは廃止をすることができます。

第3条(会員)

1 個人会員とは、日本国内又は日本国外の学生、研究者、企業に所属する者等の個人であって、本ウェブサイトの会員登録申請ページからゼニスに本サービスの利用を申し込み、ゼニスが必要な審査・手続等を経た後にこれを承認した者をいいます

2 法人会員とは、日本国内又は日本国外の大学、研究機関、企業等の法人又は団体であって、本ウェブサイトの会員登録申請ページからゼニスに本サービスの利用の申し込みをし、ゼニスが必要な審査・手続等を経た後にこれを承認した者をいいます。

3 会員は、本サービスの利用のための会員資格及びゼニスから発行されるID・パスワードを第三者に譲渡、貸与もしくは開示し、又は第三者に本サービスの利用をさせることはできません。

第4条(変更の届出・退会)

1 会員は、ゼニスに届け出た氏名、住所、電話番号、所属先、メールアドレス等の情報に変更があったとき、又は本サービスの利用を終了するとき、ゼニスの定める方法によって速やかに届出を行うこととします。

2 会員が前項の届出を怠ったことにより会員が不利益を被ったとしても、ゼニスは一切の責任を負いません。

第5条(個人情報の利用目的及び取扱)

1 ゼニスは、本サービスの利用に際して会員及び閲覧者から取得した氏名、住所、電話番号、所属先、メールアドレス等の個人情報は、次の各号の目的に限定して利用するものとします。

(1)会員及び閲覧者に本サービスを提供するため
(2)本サービスをより向上させ、会員及び閲覧者のご要望により応えられるものとするため
(3)会員及び閲覧者に本サービスに関する最新の情報をお伝えするため
(4)イベント、セミナー、キャンペーンなど、ゼニスが会員及び閲覧者にとって有益であると考えるゼニス及び法人会員からの情報を提供するため
(5)その他必要に応じてゼニスから会員及び閲覧者にコンタクトするため
(6)本サービス並びにゼニスの関連サービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため

2 ゼニスは、本サービスの利用に際して会員及び閲覧者から取得した氏名、住所、電話番号、所属先、メールアドレス等の個人情報について、別途定める「プライバシーポリシー」に基づいて適切に取り扱うものとします。

第6条(本サービスの一時的な中断及び免責事項1)

1 ゼニスは、次の各号のいずれかの事由がある場合、会員及び閲覧者に事前に通知することなく、一時的に本サービスの提供を中断することがあります。

(1)本サービス提供のためのシステム又は関連設備の保守を定期的又は緊急に行うとき
(2)ゼニス又は本サービス提供のためのシステムが利用する通信回線、電力等の提供が中断されたとき
(3)地震、台風、洪水、津波等の天変地異その他非常事態が発生し、又はそのおそれが生じたために、法令・行政指導等によって通信の制限等の要請・指示があったとき又は通信の制限等の必要があるとゼニスが判断したとき
(4)その他技術的に不可能な事由によって本サービスの提供ができなくなったとき

2 ゼニスは、本サービスの提供の遅滞若しくは一時的な中断が発生し、又は本サービスの内容の変更、全部又は一部の利用停止若しくは廃止があったとしても、これに起因して会員及び閲覧者又は第三者が被った損害については一切責任を負わないものとします。

第7条(免責事項2)

1 ゼニスは、個人会員及び法人会員が記載した書き込み内容並びにゼニスが本サービスによって提供する情報について、その完全性、正確性、真実性、最新性、有用性等を何ら保証するものではありません。

2 ゼニスは、個人会員及び法人会員の記載した書き込み内容について一切の責任を負わず、会員間で行われた一切のメール等のやりとりについて責任を負いません。

第8条(禁止事項)

1 会員及び閲覧者は、本サービスを利用して次の各号に定める行為を行い、または第三者に行わせることは禁止されます。

(1)他者の著作権、著作者人格権、商標権等の知的財産権を侵害する行為
(2)他者の財産、プライバシー、名誉若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(3)コンピュータウイルス等の有害なプログラム・スクリプト等を書き込み、又は送信する行為
(4)個人会員につき、経歴、研究実績等の事実につき、虚偽の記載をする行為
(5)法人会員につき、研究業績、取引実績、学生・研究者の受入条件、その他の事実につき、虚偽の記載をする行為
(6)本サービスの趣旨から逸脱し、商用利用、他者又は他業者の評判を毀損するための書き込み・利用等をする行為
(7)会員が不正な手段により取得した情報を記載し、又は開示する行為
(8)法令に違反し、又は公序良俗に反する行為
(9)その他、ゼニスが本サービスの趣旨に鑑み不適当と判断される行為

2 ゼニスは、前項各号の事由に該当し、又は該当するおそれがあると判断したとき、会員及び閲覧者に予告することなく書き込みを削除し、又は本サービス利用の停止若しくは制限等の措置を採ることがあります。

第9条(除名処分等)

会員が第3条第3項もしくは第8条第1項の規定に違反し、又は本利用規約に著しく反する行為をしたとき、ゼニスは事前の通知又は催告なしに当該会員を除名し、又は当該会員のIDの使用を一時停止することができます。

第10条(知的財産権の帰属)

1 本サービスにかかる全てのデータ、図表、ソフトウェア、資料等に関する知的財産権その他一切の権利は、ゼニス及びゼニスへの情報提供者に帰属します。

2 会員は、当該会員が本サービスを利用して本ウェブサイトにおいて書き込みしたとき、書き込み内容の複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権等の全ての著作権法上の権利(ゼニスから第三者への再利用許諾権を含む)を、ゼニスに対して無償で利用することを許諾したものとし、会員は当該書き込みについて著作権法上の著作者人格権をゼニス又はゼニスが許諾した第三者に対して行使しないこととします。

第11条(規約の変更)

ゼニスは、予告なく本利用規約の変更をすることができます。ゼニスが本利用規約を変更したとき、遅滞なく変更内容を本ウェブサイトに掲載することとし、この掲載により即時効力を生ずるものとします。

第12条(合意管轄等)

本利用規約の正文は日本語で、その準拠法は日本法とし、本利用規約及び本サービスに関する一切の紛争について訴訟の必要が生じた場合、ゼニスの本店所在地を管轄する地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

1 本規約は、2011年4月22日から施行します。