HOME > 産学連携

産学連携

日本の特許件数は2011年現在世界第3位です。
この3位という順位を人口比率から言えば、取得された日本の特許のレベルがいかに高いかがわかるでしょう。 日本の学問・技術は世界でも非常に秀でたものなのです。

特許は「大学」「企業」「個人」による出願に大別されますが、特に日本の「大学」からの出願は世界でも高度な内容として認識されています。
しかしながら、これまでの日本の大学は、取得した特許を企業等との連携によって活用することにはそれほど積極的ではなく、また、取得内容自体の公開も消極的でした。

現在では、国立大学の独立行政法人化に伴い、大学そのものの自立が求められ、特許案件等の活用が大きく求められるようになり、昨今はその動きが見え始めてきています。
ところが、大学には取得した特許の公開や活用、企業とのビジネス化などに関して公式化されたものがまだないため、研究と活用の適材適所のマッチングに関して特許内容等が充分に社会に還元されているとは言い難いのが現状です。

各機関で積み重ねられてきた、優れた研究が社会により効果的に還元されるための場として、いまだ不十分ともいえる大学-企業間の連携システムをサポートする場としてもJapanest NIPPONは機能しています。

ビジネスライン

連携先をお探しの方 こちらからお問い合わせください

現在ご自身が携わっている研究を、何らかの形で共同で行いたいと考えている方はぜひ一度Japanest NIPPON事務局にお問い合わせください。
Japanest NIPPON運営会社である株式会社ゼニスが、ご自身の研究やビジネスを更に発展させ、発信する上で最適な連携先を、独自のネットワークから探します。

掲載中の産学連携関連情報

情報を掲載したい方

以下の手順で産学連携情報を掲載することができます。

ログイン

Japanest NIPPON登録会員の方は上記入口からログインし、マイページ内「産学連携」から登録フォームのページに入ることができます。

*現在お持ちの研究・技術を更に活用するための連携先を探している
*現在ご自身の研究や技術において協力を必要とする部分がある

のどちらかを明記の上、
お持ちの研究・技術など、もしくは必要としている研究・技術などをご自由にご記入ください。

Japanest NIPPON会員に未登録の方は、下記入口よりまずは会員登録をお願いします。

会員登録はこちら

詳細情報が必要な方

以下の手順で掲載中の産学連携情報にコンタクトを取ることができます。

ログイン

Japanest NIPPON登録会員の方は上記入口からまずログインしてください。
ログインした状態で記事のページに入ると、「掲載機関へメッセージを送信する」というアイコンが記事右上に現れます。

このアイコンをクリックすると、メッセージ入力フォームのページに入れます。メッセージを作成して送信ください。
*メッセージはすぐには送信されません。Japanest NIPPON管理側から「承認しました」というメッセージが届いたとき、相手方にメッセージが届きます。
*ファーストコンタクト以降のやり取りや、その際に生じる諸費用に関しては別途個別に対応いたします。