HOME > ニュース & トピックス > 「宇宙ステーション補給機(HTV)「こうのとり」」の記事を掲載しました。

一覧へ戻る

「宇宙ステーション補給機(HTV)「こうのとり」」の記事を掲載しました。

記事を読む

H-II Transfer Vehicle (HTV)は、日本が開発・運用する、国際宇宙ステーションへの物資補給機です。
水や酸素、食糧など、人類の生存に欠かせない物資の他、ステーションをメンテナンスするためのバッテリーや交換部品、ステーションでの活動のメインである実験や研究のための材料や装置など、様々な荷物を地球から宇宙へ運んでいます。2009年に初号機ともいえる技術実証機が打ち上げられてから、2015年の時点で5号機まで打ち上げられ、全て成功しています。6号機も、2016年12月9日に打ち上げられ、14日にISSにドッキングしました。
その成功率の高さは、国際的に高く評価されており、HTVはいまや世界の宇宙開発において重要なパートナーとなっています。大切なものを運ぶというミッションを担うHTVは、幸運を運ぶ鳥「こうのとり」の愛称で親しまれています。