HOME > 製品 (機械 - 工作機械) > DMG森精機 CNC旋盤 NLX2500シリーズ

Products (機械 - 工作機械)

DMG森精機 CNC旋盤 NLX2500シリーズ


概要

*CNC旋盤 NLX2500シリーズの紹介ムービーがご覧になれます。







なお、トップページ右上の動画コーナーの、「製品」からもご覧いただけます。

森精機製作所は、当初は繊維機械製造を手がけていたが、設立10年目の1958年から一転して工作機械製造へと事業内容を転換した。

まずは、マサチューセッツ工科大学で開発された技術を転用し、高速精密旋盤の製造・販売から始めた。1968年に日本でいち早くNC旋盤製造を手がけた。 工作機械業界における主流がNC旋盤製造へ移り変わるに従い、同社は急速に成長して行き、1976年にはNC製造分野における国内シェア1位の地位を獲得する。その後も、マシニングセンタ製造等幅広く工作機械全般に渡って携わる、国内から海外への市場展開を果たす、活発に事業拡大を続け、現在、工作業界では世界のトップクラスに位置している。

旋盤は、固定された金属用刃物で、主に「外丸削り」、「中ぐり」「穴あけ」「ねじ切り」「突切り」等の切削加工を施す、工作機械の1種である。この旋盤は、金属加工において非常に重要な工作機械でありながら、一人前に扱えるようになるには経験が必要であり、また、作業者によって精度に差が出やすいという課題があった。

そこで被切削物の位置や運動を数値化し、機械に命令するシステム(Numerical Control)を旋盤に搭載する事により、課題克服が図られた。コンピュータの開発が進むに従い、NC旋盤の数値制御システムはコンピュータに委ねられるようになり、加えて、NC旋盤よりも高い精度での切削か高が可能となった。現在はこのCNC(Computer Numerical Control)旋盤が同業界の主流である。

CNC旋盤は現在の森精機製作所の主力製品の1つである。中でも今回紹介するNLX2500シリーズは、1万台の納入実績を誇る大ベストセラー機NLシリーズを、更に精度・品質・信頼性共に高め、コストパフォーマンス面からも消費者ニーズに応える形でリニューアルした、同社のCNC旋盤部門最新製品である(2010年10月現在)。

同社高剛性・高精度CNC旋盤部門の製品は、NLシリーズの頃から、ワークサイズと工程集約のレベルに応じた36種もの多彩な切削加工が可能な点が、多くの技術者から重宝されていた。
また同シリーズには同社が独自に開発した「ビルトインモータ・タレット」技術が組み込まれている。これは、従来の旋盤のミーリング機構において、モータからギヤやベルトなど多くの部品を介して力を伝達するために、発熱や振動が広範囲に及んでいた課題克服のため開発された業界初の技術である。モータをタレット内部に組み込む事により(ビルトイン構造)、ミーリングにおける発熱や振動を最小限に抑制するとともに、伝達効率を向上することで加工精度と切削力を大幅に高める事が可能となった。

NLX2500シリーズでは、上記、36バリエーションもの切削加工が可能な点、及び、「ビルトインモータ・タレット」技術の搭載という前シリーズの特徴を引き継いだ上に、加えて前シリーズから以下の5点を改善した。1)機械剛性、2)熱変位対応、3)省エネルギー、4)省スペース、5)操作の利便性である。以下に詳細を述べる。

1)機械剛性
旋削仕様、ミーリング仕様、そしてY軸仕様を各々独立した専用プラットフォームにて開発した。これにより高い機械剛性を確保、工具寿命が長くなった。

2)熱変位対応
ベッド内にクーラントを循環させる機構を標準採用した。加工熱や環境温度変化などによる機械への熱影響を制御し、熱変位を抑制する事が可能となった。

3)省エネルギー
電力消費が小さい新型CNCの採用、油圧ユニットのインバータ化、LED照明の採用等の工夫により、総電気容量を旋削仕様で約13%、MC仕様で約10%、Y仕様で約14%削減できた。更に、待機時の潤滑油供給停止などにより、潤滑油の消費量を約15%削減できた。

4)省スペース
仕様ごとに独立したプラットフォームを作り、最適な構造設計を行なう事により、旋削仕様であるNLX2500/700の機械据え付け面積を従来のNLシリーズと比較して約22%削減した。

5)操作の利便性
操作パネルには、新型高性能オペレーティングシステム「MAPPSⅣ」を搭載した。自動プログラミングソフトウェア(標準)に加え、CAMソフトウェア「ESPRIT」(オプション)の選択が可能。
他、難易度の高い加工プログラムにも、使用環境にあわせた対応が別途可能となった。

CNC旋盤に限らず、工作機械分野での研究・開発は成熟期を迎えている。消費者ニーズを的確にくみ取り、かつ、すばやく製品に反映するノウハウを培って来た同社には、更なる画期的な製品開発が期待できる。

ライター:Eriko Kinashi
2011.04.04 執筆
http://www.dmgmori.co.jp/
(株式会社DMG森精機製作所)
スペック
NLX2500/700
適応チャックサイズ 10 [12]インチ
最大加工径(mm) φ460
最大加工長さ(mm) 728
X軸移動量(mm) 260
Z軸移動量(mm) 795
Y軸移動量(mm) -
主軸最高回転速度(min-1) 3,500 [4,000]

続きを表示する