HOME > 製品 (電気機器 - 電子部品) > ミライアル株式会社・シリコンウェーハ搬送容器

Products (電気機器 - 電子部品)

ミライアル株式会社・シリコンウェーハ搬送容器


概要

半導体製品の基盤となるシリコンウェーハは、「イレブンナイン」、すなわち99.999999999%(9が11個並ぶ)の純度を要求される精密材料である。
今回紹介する「シリコンウェーハ搬送容器」は半導体産業を支えるシリコンウェーハの純度を保つための専用容器である。完成品としてエンドユーザーが利用することはまずないが、多くの半導体製造企業にとって必要不可欠の容器である。
ミライアルは、このシリコンウェーハ搬送容器の世界シェアにおいて60%を占める(会社四季報2011年夏号)専門メーカーである。ミライアルの製造する出荷容器が、パソコン、自動車、家電といった、世界中の製品の製造ラインを支えているのだ。


シリコンウェーハ搬送容器のテクノロジー

シリコンウェーハは、厳しい条件下で高品質を保ち続けることが要求される。それゆえに、これら要求される水準をクリアした専用のシリコンウェーハ搬送容器でなければ、シリコンウェーハを適切な条件のもとで出荷することができない。

この厳しい水準をクリアしているのが、ミライアル製のシリコンウェーハ搬送容器である。同製品は高度なテクノロジーを駆使して製造されている。ミクロン単位のチリやほこりさえ侵入できない密閉空間を実現している一方で、気圧、温度、振動などは極限まで抑えた設計になっている。また、容器から発生するガスは限りなく0に近い。
半導体製品の世界規格・SEMI規格に容器の分野で認められているのは世界でもわずか2社。そのうちの1社がミライアルであり、同社の品質の高さが世界標準を満たす確かなものであることがわかるであろう。

また、同社製品が世界中で採用されている理由は、その品質の高さだけではない。「リサイクルできる」という、競合他社にはない特徴を備えているからである。各部品の着脱ができ、必要部品のみの交換も可能で、環境・資源・コストなどに配慮した設計がなされている点に、多くのメーカーが賛同している。

このような高精度のシリコンウェーハ搬送容器の製造は簡単には他社には真似できないものである。同社は、独自の技術開発力で、高品質なシリコンウェーハ搬送容器を提供できる数少ない企業として世界市場に君臨している。


業界をリードする強い企業を目指して

現在の業界ではシリコンウェーハの主流は直径300ミリである。しかし、2011年以降、直径450ミリのシリコンウェーハが製品化に向けて着々と開発が進められ、こちらが主流となる日も近いとされている。この450ミリウェーハに対応する容器は、現時点で同社が最も先行している。
同社が市場の変化に迅速に対応できるのは、製品設計から金型の製作、検査に至る全ての工程を自社で整備しているからである。特に、製品にきめ細やかに対応する金型を自前で作れるという体制は、製造業にとっては強みである。
また、同社が長年培った知識、データ、開発力が結集することで、近年では容器だけではなく、成形機や金型分野での事業も売上高に貢献している。
今後は、出荷容器、その他樹脂製品、成形機事業に加え、これまで蓄積したノウハウで創りだす新しい製品を柱として、成長を続けていく。


ライター:Hiromi Jitsukata
2012.08.14 執筆

http://www.miraial.co.jp/
( ミライアル株式会社 )
スペック
KT-3002D
ウエハサイズ 300mm
材質 PC, PBT
特徴
SEMI規格に準拠(M31)
リユース&リサイクル
環境・資源を考慮したデザインとし、必要部品のみ交換することのできる300mmウエハ用出荷容器。オプションでハンドル、トップフランジ、インフォパッドの取り付けが可能。リサイクルの際は、材質ごとに完全に分別できる。
部品名

続きを表示する