HOME > 製品 (材料 - セラミック) > 日本特殊陶業・スパークプラグ

Products (材料 - セラミック)

日本特殊陶業・スパークプラグ


概要

日本特殊陶業は、スパークプラグ世界シェア一位を誇る企業である。1921年に日本碍子(現・日本ガイシ)がスパークプラグの研究開発を始めたのが端緒となり、1930年から製品販売開始、1936年に日本碍子点火プラグ部門が独立して現在の日本特殊陶業へと至る。
以降、セラミックスをコアとして、高品質なセンサ、半導体、機械工具、その他セラミックス材料製品を社会に送り出している。近年は、家庭用燃料電池発電ユニット、人工骨頭や医療器具などの医療製品、次世代自動車用製品、無鉛圧電セラミックスなどの環境規制対応製品など、新しい時代の要請に応じた製品開発を進めている。



プレミアムRXプラグ

プレミアムRXプラグは、2011年にフラッグシップモデルとして発売された。着火性、パワー向上、燃費向上、長寿命化など、プラグの性能向上に重要な要素が大幅にグレードアップされている。
同製品の最たる特徴は、ルテニウム中心電極と、「突き出し白金チップ」および「オーバル形状」の独特の外側電極である。ルテニウムの中心電極は、スパークプラグとしては世界で初めてである。ルテニウムは融点が約2,500度と非常に高いため、耐久性の大幅な向上に寄与している。
外側電極は、オーバル形状の断面で、その先端に白金チップが突き出した独特の形状を採用している。この電極の採用により以下の性能が向上した。
①    消炎作用を大幅に低減。これにより燃焼効率が向上している。
②    混合気の流動を妨げない(図参照)。これにより着火性が向上している。



※資料をもとに当社で制作
© Japanest NIPPON 


同製品の開発にあたっては、同社が長らく世界シェア1位のメーカーとして蓄積してきた技術力と開発力、品質管理力などが存分に発揮され、プレミアムの名にふさわしい高性能・高品質が実現された。同プラグの採用により、エンジンのリーンバーン化やダウンサイジング、ターボエンジンへの対応などをさらに進化させることが期待できる。



自動車社会のカギを握るスパークプラグ
スパークプラグは10cmにも満たないような小さな部品である。しかし、自動車が走行するための何よりも重要な役割を担っている。スパークプラグは、いわばライターのようにガソリンと空気の混合気に着火し、引火爆発を起こす。爆発のエネルギーは運動エネルギーとなり、エンジンを作動させ、自動車を走らせている。
このスパークプラグは、自動車の部品の中でもとりわけ過酷な条件のもとで作動している。高温、高圧、高電圧、さらにガソリン燃焼による水や燃えカスが発生しているという環境下にさらされながら、一分間に何千回と繰り返し火花を発生させているのである。
したがって、スパークプラグは、着火効率といった本来の役割に対する基本的な性能に加え、耐熱性、耐久性、確実な絶縁性、機械的強度、熱伝導性、気密性、汚れへの強さなど、「タフさ」も高度な水準が求められている。

同社がプラグ製造を決めた1920年代、日本にはまだ自動車製造企業がなかった。それでも、同社の初代社長となる江副孫右衛門は、アメリカでスパークプラグを大量に生産する工場を目の当たりにしたとき、やがて来る自動車社会を予見した。そして、日本でも自動車がつくられるようになるころには、自社から良質の国産プラグを供給したいと開発を決めたのである。発売直前に数個の不良品が見つかったことで、すぐに発売延期を決定して品質改良・向上に取り組んだ、第2次世界大戦中、品質を下げてでも大量に生産するようにという軍部の強硬な指導に対し、断固として「良品主義」を貫いた、などの逸話もある。自動車工場がない市場で自動車部品を製造するような先見の明、そして、品質を守るための徹底した姿勢が、同社を世界トップクラスのセラミックス製品企業へと押し上げたのである。


ライター:Hiromi Jitsukata
2016.10.20 執筆
https://www.ngkntk.co.jp/
( 日本特殊陶業株式会社 )
http://www.ngk-sparkplugs.jp/products/sparkplugs/rx/index.html
( プレミアムRXプラグ )
プレミアムRXプラグ
主な特徴
燃費2.2%向上(一般プラグ比) 着火性と燃焼効率の向上で、少ないガソリンでも快適な走りを実現
消費燃費1.9%低減(一般プラグ比) アイドリング状態のガソリン消費量が従来品よりも少なくなる
始動時間0.67秒短縮(一般プラグ比) 独特の設計の外側電極に、極細中心電極を組み合わせたことで、優れた放電特性を発揮し、加速レスポンスが向上。
消耗量約1/4(イリジウムプラグ比) ルテニウム配合中心電極の採用により火花による消耗が低減。
0.50秒のタイムアップ(一般プラグ比) 着火性能の向上で、すぐれた加速性を発揮。
走行耐久性約20%向上(イリジウムプラグ比) 高性能で長寿命なプラグを実現

続きを表示する