HOME > 製品 (食品 - 水産物) > アーマリン近大株式会社・養殖マグロ

Products (食品 - 水産物)

アーマリン近大株式会社・養殖マグロ


概要

1949年に設立された近畿大学は総合大学であり、関西でのマンモス学校として名を馳せている。実践的な経済活動にも積極的に取り組んでいる。特に水産・農業学問分野の産業化への実践例は他に類を見ないスケールの大きいものがある。


近年、海洋資源の枯渇問題が世界的に取りざたされている。特に、四方を海に囲まれた島国ゆえに、歴史的に海洋資源の消費量が多い日本は、責任を問われる機会が多い。
高級魚の代名詞ともいえるマグロに焦点を当ててみると、世界のマグロの年間消費量は200万トン、そのうちの4分の1にあたる50万トンが日本において消費されており、データからも日本人の魚の消費量がいかに多いかを実感させられる。海洋資源の保有は国家的課題として、政府レベルで深刻に受け止められている。


それら課題克服のため、1970年に水産庁(現在の農林水産省)がマグロ養殖プロジェクトを打ち出した。近畿大学をはじめとした国内の複数大学・研究機関が同プロジェクトに参加した。

しかし、マグロの完全養殖は非常に難しい。特に繊細すぎる稚魚は、皮膚が弱く、手で触れただけで死んでしまう。光・騒音・水の濁りなどの環境変化にも非常に敏感に反応する。
他がプロジェクトの試験期間が終了するなり次々と止めていく中、近畿大学は研究開発を続け、32年後とうとう3代目の孵化を成功させた。また、回遊魚の特性を掴んだ養殖方法を独自開発した事も、特筆すべき点である。
かくして、孵化段階から成魚へ育つまでの全生長期間を完全に人工で行う、完全養殖の技術を同大学は確立した。この完全養殖技術の研究開発事業は、21世紀COEプログラム、引き続いてグローバルCOEプログラムに採択された。

同大学はマグロの他にも、クエ・トラフグ・タイ・ヒラメなど、多種の魚類の完全養殖技術の開発に成功している。

これら完全養殖技術を事業化するため、近年、アーマリン近大株式会社なるベンチャー企業を設立した。同社は現在9つの実験場等を保有し、研究開発に精力的に努めており、すでに百貨店や料理店への出荷が行われている。
中でも鹿児島県・大島実験場では、マグロの中でも最も高値で取引されるクロマグロの養殖システムが実践されている。


他、農業においても同大学は学術・研究を精力的に産業へ移行する努力をしている。
近年、(株)ア・ファーマ近大を設立し、温州ミカンやハッサクなど、柑橘類をはじめとした天然物素材の薬用利用の研究・開発に取り組んでいる。


近畿大学のこれらの農業研究は、日本国内食料自給率が40%を切る現在、今後の大きな発展が期待される。


ライター:Eriko Kinashi
2011.05.06 執筆
http://www.a-marine.co.jp
(株式会社アーマリン近大)