HOME > 製品 (ロボット - 工業用ロボット) > ファナック・多関節ロボット

Products (ロボット - 工業用ロボット)

ファナック・多関節ロボット


概要

ファナック株式会社は1972年に富士通から計算制御部を独立させ、富士通ファナック株式会社として設立された。工作機械用CNC装置製造業界において世界で首位、国内シェアは7割を占めており、多関節ロボット分野においても国内で首位のシェアを占めている。

工作機械用CNCは、工作機械の制御コードであるGコードのディファクトスタンダードを早期に抑えたことが強力な武器となった。更にその後、工作機械ロボット等のコンピュータ制御による製品製造部門にも進出し、大きな拡大を図っている。

同社は富士電機、富士通の系列の会社であったが、近年は、完全に独立の体制を整え、海外に大きな拡大を図っている。海外では、制御装置業界においてはドイツ・シーメンスが後に続いている。国内においては三菱電機、安川電機と続いているが、同社はそれらの追随を許さない地位をすでに確立している。国内のみならず世界において常に優良企業としての地位を確立している。
同社は多関節ロボットの製造を得意としている。マテハン・ピッキング・スポット溶接・組立て・アーク溶接・バラ積み出しの6項目が対応可能のこれらロボットは、自動車・電化製品・パーツ関係・食品関係・製造組立て関係など、日本の基幹産業において幅広く活用されている。

国内外からその精密さと機能性において絶大なる好評を得ている。

しかもこれらは一台のパソコンにより多数のロボットを安全に管理できる、非常に効率のよいネットワークを備えている。


ライター:Eriko Kinashi
2011.05.10 執筆
http://www.fanuc.co.jp/index.htm
( ファナック株式会社 )