HOME > 製品 (機械 - 工作機械) > CITIZEN・主軸台固定型 Cincom BL20/25

Products (機械 - 工作機械)

CITIZEN・主軸台固定型 Cincom BL20/25


概要

国内第2位の大手時計メーカーであるCITIZENの発端は、1924年に懐中時計を発売した事に遡る。現在は時計製造でよく知られた同社だが、他に工作機械を始め、電卓・電子辞書・医療機器製造など、広く事業展開を成功させている。関連子会社も多数有する。特に工作機械分野では小型精密旋盤製造で、他社に追随を許さない程の高性能を誇る。この同社製造の小型精密旋盤は産業界に幅広く浸透している。

現在、同社工作機械部門は多様化する消費者ニーズに応えて、多品種少量生産に対応している。また加工性能や新機能の付加によりコストパフォーマンスの向上を目指している。他、先進国や新興国での技術者不足問題に対して、最適な加工ノウハウを提供する、機械工場の効率的稼働化に対するアフターサポートを充実させるなど、未来志向で着実に進化を遂げている。

同社の工作機械製造部門のうち、高精度部品を生産する小型CNC自動旋盤シリーズを「Cincom」という。その「Cincom」シリーズは、以下3つのベクトルを基軸とした理念を掲げている。
  • 「高機能高生産化」… 多軸多系統・重畳制御による同時加工やプリプロセッシングによる加工の高速化、1台の機械に工程集約し多機能化を図ることによる生産性と加工自由度を追求する。
  • 「超小径化」… 時計生産により培われた10mm径以下のマイクロ加工技術の継承とさらなる推進を目指す。
  • 「超高精度化」… より増大する高レベルの加工精度要求への追従と更なる探求を目指す。

(ライター:Eriko Kinashi、以下同)

続きを表示する

http://www.citizen.co.jp/
(シチズンホールディングス株式会社)