HOME > 製品 (医学・創薬) > オンコセラピー・サイエンス株式会社/分子標的治療薬・がんペプチドワクチン

Products (医学・創薬)

オンコセラピー・サイエンス株式会社/分子標的治療薬・がんペプチドワクチン


概要

分子標的治療とは、体内の特定の分子を狙い撃ちしてその機能を抑えることにより病気を治療する治療法である。
例えば、癌細胞と正常細胞の違いを遺伝情報レベル・分子レベルで解明し、がんの増殖や転移を促す分子だけを抑えたりすることで治療する。

従来の薬剤は、標的を大まかには特定し働きかけていたが、分子標的治療は創薬や治療法設計の段階から精密に標的を定めており、ターゲットとなる細胞を特定する精度が非常に高い。現在、がんのほか、白血病、関節リウマチ、気管支炎喘息など、さまざまな病気治療を対象に世界中が研究を進めている。

がん治療に関しては、日本の「がんペプチドワクチン」が世界をリードし、第一人者中村祐輔を中心に新しいがん治療法の確立を目指している。
それまでの抗がん剤が、すでに増殖したがん細胞そのものを攻撃するのに対し、がんペプチドワクチンは、がん細胞増殖にかかわる分子を標的とし、これを攻撃する。これにより、細胞のがん化の進行を止めることができるのだ。
ここで紹介するオンコセラピー・サイエンス社は、がん分子標的治療薬の開発に適した標的遺伝子を多数同定し、得られた研究成果をもとに外部機関との共同開発を行って、新しい抗がん剤開発に取り組んでいる。
がんペプチドワクチンの臨床研究もすでに日本の多数の機関で積極的に行われている。

効果の向上や副作用の軽減、希望する患者誰もが受けられる治療をめざし、オンコセラピー・サイエンス社および治療薬は日々進歩している。


がんペプチドワクチン

がんペプチドワクチンは、がん細胞を異物とみなすことで体内の抗体ががん細胞を攻撃する仕組みを利用したワクチンである。
人の体に備わっている免疫システムは、がん細胞の表面にあるペプチドを目印とし、がん細胞を攻撃することが解明されている。抗体ががん細胞を特定する時に目印となるペプチド、すなわち、免疫システムを誘導するペプチドを同定し、それを人工的に合成できれば、がんワクチンとして利用できる。

このペプチドはアミノ酸8~10個からなる小さいもので、同定、合成することは、大変精密な技術であることがわかるだろう。
オンコセラピーサイエンス社は、特に「オンコアンチゲン」(oncoantigen)という抗原を同定しており、この抗原を標的とするがんペプチドワクチンの研究開発を進めている。その他のペプチドワクチンに関しても、データがそろいつつあり、新しいがん免疫治療法の確立を目指している。


オンコセラピーサイエンスの創薬研究

オンコセラピー・サイエンス社は、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長である中村祐輔のがん遺伝子に関わる成果を元に、がん治療薬・治療法を新たに開発することを目指し2001年に設立された。

大学や企業と共同研究を行い、その成果や得られた医薬品候補物質を製薬企業等に提供している。
ここで紹介したペプチドワクチン以外にも、抗体医薬、低分子医薬、核酸医薬、がん診断薬など、オンコセラピー・サイエンス社は日本のがん治療法・がん治療薬研究・開発をリードする分野で先頭に立ち指揮を執っている。

中村は現在海外に拠点を移している。最先端のがんワクチンやその他の治療薬は日本から世界中にはばたこうとしており、更なる進化が期待されているのだ。


ライター:Hiromi Jitsukata

http://www.oncotherapy.co.jp/
( オンコセラピー・サイエンス株式会社 )
オンコセラピー・サイエンス社の研究領域
がんペプチドワクチン
日本人および欧米人に多くみられるHLA-A*24:02およびA*02:01を中心に、大腸がん、胃がん、肺がん、膀胱がん、腎臓がん、すい臓がん、乳がんおよび肝臓がんなどを標的とした計42遺伝子を対象としたペプチドワクチンを同定。その他のペプチドワクチンの同定についてもプロジェクトが進行中。
抗体医薬
治療標的となるがん特異的抗原を3分子に絞り込んで、マウスなどで抗体医薬の評価を行っている。臨床開発を視野に入れて効果の検討および安全性の評価を進めている。
低分子医薬
6種のがん特異的タンパク質を標的とする創薬研究が進行中。2種では有望な結果が確認されつつあり、より詳細な試験を行っている。
核酸医薬
次世代の抗がん剤として期待されているがん治療薬。ドラッグデリバリーシステムと呼ばれ、薬物が体内に取り込まれた際、その分布を量的・空間的・時間的に制御し、コントロールすることができる。開発候補として4分子を抽出し、効果の検討を進めている。
がん診断薬
がんで高発現し、血清中あるいは尿中にタンパク質が分泌される分子について、新しいがん診断薬開発の対象として研究を進めている。