HOME > 大学 & 研究機関 > 国立研究開発法人 理化学研究所

大学 & 研究機関

正式職員数 約3400人
外来研究者数 約4200人
外国人研究者数 約500人
研究室 宮城県仙台市

茨城県つくば市
バイオリソースセンター

埼玉県和光市
創発物性科学研究センター
光量子工学研究領域
脳科学総合研究センター
仁科加速器研究センター
情報基盤センター
社会知創成事業
主任研究員研究室
准主任研究員研究室
上席研究員研究室
独立/国際主幹研究ユニット
特別研究ユニット
グローバル研究クラスタ

東京都
新興・再興感染症研究ネットワーク推進センター
東京連絡事務所
板橋分所

神奈川県横浜市
環境資源科学研究センター
統合生命医科学研究センター

愛知県名古屋市

大阪府吹田市
生命システム研究センター

兵庫県神戸市
多細胞システム形成研究センター
HPCI計算生命科学推進プログラム
ライフサイエンス技術基盤研究センター
計算科学研究機構

兵庫県佐用郡(播磨)
放射光科学総合研究センター

国立研究開発法人
理化学研究所

Web link

歴史・特色

URL: http://www.riken.go.jp/

理化学研究所は、物理学・工学・化学・生物学・医科学などに及ぶ広い分野での科学研究を行う、日本で唯一の、そして世界でも例を見ない自然科学の総合研究所です。学術界を牽引する優秀な人材を一堂に結集し、そこで世界最高水準の研究を行い、高度な研究成果を創出すると同時に高度な人材の育成・輩出を目指しています。

同研究所は、重要な研究分野への投資も惜しみませんが、そこに科学技術の水準向上に貢献する可能性が見えれば、新興の研究領域でも積極的に採用します。異分野同士の研究の融合も躊躇なく行います。そこで導き出された研究成果を効率的に社会活用できるように、同研究所は産業界への技術移転を積極的に進めています。非常に、自主独立性の高い組織です。


理化学研究所の起源は明治時代にまで遡ります。1913年、世界的に名の知られた実業家である渋沢栄一を中心に、高峰譲吉、桜井錠二らの3名が、政府に対し日本を代表する科学研究所の必要性を説きました。1917年、政府機関からの補助金と民間からの寄付金を元に、日本の科学技術の進歩を目的として作られた財団法人理化学研究所という形で、3名の要望は実現しました。
第3代所長の大河内正敏は、研究成果を産業基盤に繋げることを目指し、研究体制や研究成果の実用化に力を入れました。

設立当初、理化学研究所では研究活動のみを行っており、研究成果の社会活用は考慮されていませんでした。しかし、1924年、世界で初めてビタミンAの分離・抽出に成功した同研究所の高橋克己が、研究成果を生かしてビタミン剤を製造・販売した所、消費者から非常に大きな好評を得ました。また1922年、同研究所の鈴木梅太郎が合成清酒を発明しており、これも理研から商品化されています。この件をきっかけにして、同研究所は研究成果を積極的に工業化し始めます。産学連携のさきがけとも言えるこのシステムにより、理化学研究所は目覚ましい勢いで発展していきます。
1928年にヨーロッパから帰国した仁科芳雄は、1931年、同研究所に研究室を開きました。彼は当時国内では例のなかった量子論・原子核・X線などの先進的な研究を行い、1939年には日本で初めて大型加速器を完成させました。仁科がヨーロッパから持ち帰り、発展させた物理学研究は、多くの優秀な人材を引き寄せました。後にノーベル物理学賞を受賞する湯川秀樹・朝永振一郎の両人、そして2人と共に後の日本素粒子学の勃興を担う坂田昌一も、当時、仁科を慕ってこの研究所に在籍しており、仁科研究室は日本が世界に誇る素粒子物理学の発展の源とも言える流れを作り出します。
また、土星型電子モデルを提唱して世界に名声を轟かせた長岡半太郎も、当時同研究所に在籍していました。長岡の教えを受けた者の中には、KS磁石鋼を発明し鉄鋼の世界的権威として知られる本多光太郎や、X線と結晶解析の関連性についての研究で著名な寺田寅彦がいます。彼ら2人もまた、同研究所に所属していました。

このように同研究所は、発足から現在に至るまで、戦中戦後の混乱期を乗り越えて、規模の拡大と内容の充実を進めてきました。

現在、同研究所で行われている世界的に最先端の研究分野と言えば、まずスーパーコンピュータの開発事業が挙げられます。1980年代、スーパーコンピュータ産業界において日本企業の技術は急速に台頭してきました。一時期、これまで同産業界のトップを常に占めてきたアメリカの技術をも追い抜きますが、技術開発を後押ししてきた好景気の波が弱まると企業はこれまでのように技術開発に専念できなくなり、日本のスーパーコンピュータの技術は世界の進歩から遅れがちになってしまいます。政府は日本の世界に誇る技術を後援すべく、スーパーコンピュータの開発及び運用を国家基幹技術と位置付け、同研究所に研究開発を託しました。2006年より次世代スーパーコンピュータプロジェクトを開始し、2012年までに10ペタFLOPSの速度の機器を開発する事を目標に研究を進めております。

また所内では、同研究所の特徴でもある異分野融合の最新研究が幅広く行われております。ここでは代表的な3研究所をご紹介します。
環境調和型持続性社会の実現のためには、環境に負荷をかけずにエネルギーを効率よく作る手法と、エネルギーの消費を極限にまで低減する手法、双方からのアプローチが必要です。そのためには、物理・化学・エレクトロニクスの3分野の相互協力が必須です。創発物性科学研究センターでは3分野のトップ研究者を集めて、融合学の観点から、創発物性科学の研究に取り組んでいます。
1960年に「20世紀最大の発見」とも呼ばれるレーザーが誕生して以来、『光』に関する学術は、エネルギー、時間、波長、空間、など新しい科学技術を創造してきましたが、いずれの分野もまだ極限に達していません。光量子工学研究領域では、『光』の学術領域におけるそれぞれの地平を拡大し、更に新しい科学技術を創造することを目標に掲げています。
昨今、必須の課題とされている“石油消費型社会からの脱却”、“資源・エネルギー循環型の持続的社会の実現”に向けて、環境資源科学研究センターでは、「生物学」「化学」「ケミカルバイオロジー」の異分野融合研究が進められています。

ノーベル生理学・医科学賞受賞者である利根川進がセンター長を務める脳科学総合研究センターでは、「脳を異分野融合的視点から考えよう」という理念の下、幅広い分野から優秀な研究者を結集し、脳に関する研究が進められております。また、研究分野のみならず国際的な観点からもボーダーレスに人材を集めており、所属研究者の内の約2割が外国人で占められています。産官学連携にも努めています。オリンパスやトヨタ等、各業界の企業と連携し、脳科学を産業へ応用する道を模索しております。

世界最高性能の放射光を生みだす事が出来る大型放射光施設SPring-8を所有する、放射光科学総合研究センターでは、放射光を使用して、物理化学やタンパク質の構造解析等の各種研究が行われております。SPring-8は共同利用施設であるため、同研究所内の研究に限らず、申請すれば誰にでも使用することが可能です。広く門戸を開く事により、これまでに同センターは様々な先進的発見に貢献してきました。ペンタクォークの発見に繋がる実験が行われたのも当センターです。

現在、様々な病気疾患の原因に、各々の遺伝子の違いが深く関係する事がわかってきました。2003年に完了したヒトのゲノム解析の成果を病気治療に役立てようとする理念の下、旧ゲノム医科学研究センターでは研究開発が進められていました。同センターでは、多因子病や薬物反応性に関連する遺伝子を網羅的に発見する「ゲノムワイド関連解析(GWAS)」を世界に先駆けて成功させました。この研究成果を生かして、個々人の遺伝子的特質に合わせて適切な治療法を選ぶ「オーダーメイド医療」の実現に向け、更なる研究開発に努めております。
2013年4月、「科学の垣根を超えて生命の営みを捉え一体化させること」を目的として、同センターは旧免疫アレルギー科学総合研究センターと統合され、統合生命医科学研究センターとして新たな一歩を踏み出しました。

同研究所は伝統的に、研究成果を産業化へ直結させる事に積極的な姿勢を示します。理研ベンチャー制度と呼ばれる独特のシステムを作成し、研究所内の研究者が、自らの研究成果を中核技術として起業する手助けをしています。または、同研究所から完全に独立し、現在も各種産業界を代表する会社が多数存在します。 海外との連携も積極的に行っています。アジアや欧州の各大学から優秀な研究者を受け入れています。海外拠点を設け、あるいは国外の各大学や企業と提携して、世界規模で研究を進めています。

ライター:Eriko Kinashi
2010.12.08 執筆、2011.10.28 一部訂正、2013.6.3 一部訂正

著名人と業績

データ