HOME > 大学 & 研究機関 > 総合研究大学院大学

大学 & 研究機関

教職員 約1,200名
大学院学生 約535名
留学生 約115名
大学院 専攻と教育研究にあたる機関
文化科学研究科
-地域文化学専攻
-比較文化学専攻
-日本歴史研究専攻 以上国立民族学博物館 (大学共同利用機関法人 人間文化研究機構)
-メディア社会文化専攻(募集停止) 放送大学 ICT活用・遠隔教育センター (独立行政法人)
-国際日本研究専攻 国際日本文化研究センター (大学共同利用機関法人 人間文化研究機構)
-日本文学研究専攻 国文学研究資料館 (大学共同利用機関法人 人間文化研究機構)

物理科学研究科
-構造分子科学専攻
-機能分子科学専攻 以上分子科学研究所 (大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)
-天文科学専攻 国立天文台(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)
-核融合科学専攻 核融合科学研究所(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)
-宇宙科学専攻 宇宙科学研究所(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)

高エネルギー加速器科学研究科
-加速器科学専攻 加速器研究施設(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構)
-物質構造科学専攻 物質構造科学研究所(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構)
-素粒子原子核専攻 素粒子原子核研究所(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構)

複合科学研究科
-統計科学専攻 統計数理研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)
-極域科学専攻 国立極地研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)
-情報学専攻 国立情報学研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)

生命科学研究科
-遺伝学専攻 国立遺伝学研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)
-基礎生物学専攻 基礎生物学研究所(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)
-生理科学専攻 生理学研究所(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構)

先導科学研究科
-生命体科学専攻 (募集停止)
-生命共生体進化学専攻 上記の大学共同利用機関等との協力により博士課程教育を実施

総合研究大学院大学

Web link

歴史・特色

公式サイト
http://www.soken.ac.jp/


総合研究大学院大学は、日本で最初の大学院大学です。学部を持たず大学院だけを置く大学として1988年10月に設置されました。

神奈川県葉山市に位置する大学本部、4つの大学共同利用機関法人に属する16の研究所、放送大学 ICT活用・遠隔教育センター(独立行政法人)、宇宙科学研究所(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)との緊密な連携・協力のもと博士課程の教育・研究を行っている点が特色で、各専門分野において、最先端の研究や高度な学問に取り組むことができます。
入学することがすなわち、高い専門性を誇る研究機関での教育・研究につながる、というコンセプトは世界でも類を見ないものです。

学生の教育・研究にあたる機関の例を挙げると、ハワイにある世界屈指の大きさをほこる「すばる望遠鏡」を有する国立天文台は、物理科学研究科天文科学専攻の、南極観測船「しらせ」を運用する国立極地研究所は複合科学研究科極地科学専攻の指導・研究にあたっています。

もともと、「大学共同利用機関」は、大型測定機器や高速計算機など非常に高額で大学単独では購入することが難しい研究施設を整備したり、貴重な文献や資料を収集保存したりするという必要に応え、学術研究の発展・振興に資するという国家政策に基づく研究機関です。大規模な研究活動に必要な人材や、研究資金等を重点的に投入し、独創的で最先端の研究を行えます。
総合研究大学院大学は、国際的なフィールドで専門性の高い研究を行っている各研究基盤を活用することで研究者に必要な専門性と国際的に通用する能力を涵養しています。

また、文化、歴史、情報、生命、エネルギー、物質、宇宙など多彩な分野の教育研究を一つの機関として行っている点にも同大学院大学の強みであり、この体制により幅広い視野の中に自らの専門を位置づけ、統合的な研究を目指すことができます。例えば、文化科学研究専攻科では、これまでは文献学的もしくは資料的な研究が中心であった文化研究をさらに進めて、科学的見地からの歴史学的かつ地域学的な研究へと発展させることを目的に運営を行っています。

総合研究大学院大学の特色上、質の高い学生が多数受け入れられています。全国のみならず、アジア地域を中心に世界から学生が応募、倍率は高くなるため、優秀な学生を集めることができるのです。第一線で活躍する国内外からの多数の研究者集団と日常的に接触でき、学生1人に対して教員2~3人というきめ細かい体制のもとで研鑽をつんだ学生は、研究者としてもその後の活躍が大いに期待されるでしょう。
1992年3月に初めて修了生を送り出してから、ほとんどの修了生が研究に従事し、教授または助教授あるいは研究所等の要職に着任してきました。2010年度の修了生も7割は研究職に従事しています。
現在日本に、高度研究者養成を目指して設立された国立(独立行政法人)の大学院大学は、他に3校があるが、同大学院大学は、冒頭でも述べたように高度な研究を国際的に行う研究所で実地に教育を受けることができる点が特異的である。今後も日本から世界にはばたく優秀な研究者が輩出されていくでしょう。

ライター:Hiromi Jitsukata
2012.1.20 執筆