HOME > 大学 & 研究機関 > 京都大学ウイルス・再生医科学研究所

大学 & 研究機関

京都大学ウイルス・再生医科学研究所

Web link

歴史・特色

公式ホームページ http://www.infront.kyoto-u.ac.jp/

京都大学ウイルス・再生医科学研究所は、2016年10月、京都大学ウイルス研究所と同再生医科学研究所の統合により設立された。

ウイルス研究所は、1956年に設立され、ウイルスとウイルス病に関する研究において我が国で中心的な役割を果たしてきた。さらに近年は、細胞、遺伝子、神経など、幅広い視点から知見を積み重ね、ウイルスの探求を通じて生命の謎を解き明かすことを目標として、宿主側の分子生物学や細胞生物学的など生命科学領域における融合的な研究へと発展していった。

再生医科学研究所は、1998年に、前身の胸部疾患研究所と生体医療工学研究センターを統合改組して設立され、生体組織や臓器の再生に関して最先端の研究を行ってきた。再生医学、再生医科学、その英訳名であるRegenerative Medicineという分野名を定着させたのも同研究所と言われている。我が国初のヒトES細胞株の樹立と配分、iPS細胞の樹立、免疫自己寛容の機構解明といった医学上の大発見もこの研究所の所員による成果である。

両研究所の統合により、一つの細胞から一人の生体、さらに生命をとりまくウイルスまで、さらに総合的な視野で探求されている。

(旧京都大学ウイルス研究所についてはこちらをごらんください) 

データ